2008年12月31日水曜日

百姓屋敷わら

年末休みで、岡山にある「百姓屋敷わら」に一泊で出かけてきました。
「わら」は高梁市西部の山の中の一軒家の民宿です。中国山地特有の雲海が楽しめるという以外、周りには何の観光地もないところで、どうしてこんなところで20年も民宿が成り立つのか不思議なところにあります。

1997年第41回のフォーラムで、主人の船越康弘さんに、「健康は台所から」というテーマで講演をしてもらっています。そのあと、何人かのスタッフで一泊懇親会をしました。

2001年からは、ニュージーランドに一家で移住されていて、向こうで民宿をされていたようですが、また戻ってこられ、従来とは違う形で営業されています。

もともとは、マクロビオティックの料理から入り、山中の一軒家でまさにパーマカルチャー的生活をしておられ、さらには感謝するという心のあり方まで説くという、しゃべりだしたら止まらない親父です。その生き方はまさにホリスティックライフとも言えます。

今まで、ずいぶん色んな事を教えていただきました。
そのお礼という訳ではないのですが、以前、私と黒丸先生の対談DVDをお送りしていました。


当日の宿泊客は我々以外に3組。常連ばかりのようですが、その中にご主人をがんで亡くされた方がおられました。実は船越さんから、私のDVDをもらって見ていたとのこと。「主人の闘病中には、ずいぶん勇気付けられた」と評価していただいたようです。

そんなわけで、この年末は少し嬉しい話で終わります。
来年も良い年でありますように。

愛場庸雅

2008年12月30日火曜日

サンタクロースの追跡

30日3時45分現在
サンタクロースの追跡は終わっていました。

一部の訪問跡のみ表示されています。

NORADのホームページによると
「NORAD は、レーダー、人工衛星、サンタ カメラ、ジェット戦闘機の 4 つの最新鋭システムでサンタを追跡します。

まず使用するのは、「北米警戒システム」と呼ばれる NORAD のレーダー システムです。これは北米北部の境界線全域にわたってレーダー基地局を 47 か所設置した強力なシステムで、NORAD はクリスマスイブにこのレーダーを絶えず監視することによってサンタクロースが北極を出発する瞬間をキャッチします。

サンタが飛び立ったのをレーダーで確認したら、次の検出システムの出番です。地球の上空約 36,000 km の静止軌道上には、赤外線センサーが搭載され熱を感知することのできる人工衛星が複数配置されています。なんと赤鼻のトナカイ「ルドルフ」の鼻からは赤外線信号が放出されているため、ルドルフとサンタの位置を NORAD の人工衛星で検知することが可能なのです。」


どこまで、本気やら・・・。

Yes We Can!

いろいろめまぐるしい年でしたが、
しっかり自分を持ってこれからも頑張いきたいと思います。

世の中大変に時代になってますが、
みんなダメかというとそうでもないのです。

この時期に本気でしっかり考えて工夫していきましょね。

まず自分の口から
「不景気」とか「ダメ」というネガティブな言葉を吐き出さないことです。

物事には必ず両面があります。
そのときに表を見るか、裏を見るかですね。
自分で探してみてください。

ホリスティックでは多面思考ですね。


健康塾 岡田

2008年12月29日月曜日

4日遅れのサンタクロース


ノーラッド・トラックス・サンタってご存知ですか?

ノーラッドはノーラッド・トラックス・サンタ(NORAD Tracks Santa)として、
毎年サンタクロースを追跡しています。

冷戦の真っ只中の1955年からコーナッド
(CONAD、中央防衛航空軍基地)が開始したものを受け継ぎ、
2004年で50周年を迎えているそうです。


コロラドにある大手スーパーのシアーズ (Sears) が
子供向けにサンタクロース・ホットラインを開設したときの広告に、
間違えた電話番号を載せてしまったのが始まりだそうです。


その番号は当時のCONADの司令長官へのホットラインだったということです。
子供からの電話に司令官ハリー・シャウプ大佐が
「レーダーで調べた結果、サンタが北極から南に向かった形跡がある」
と回答して以来の恒例行事になったと言われています。


1998年より、毎年クリスマス時期に、
サンタクロースの出発を「偵察衛星で確認」、
その飛行を「レーダーで追跡」し、
戦闘機をカナダのユーコンから
メキシコのメキシコ・シティーまで飛ばして「サンタを追跡」ことをしているそうです。

公式サイトでは、クリスマスイブの夜中から追跡の模様を中継しています。
また、2006年の日本地域の中継により、
新幹線や富士山と比較し速度検証した結果、
サンタクロースの速度は新幹線の100倍と言及しています。


現在は、グーグルアース上で現在位置追跡をストリーミング表示も行っている。
シーズン以外は休暇中のサンタの画像が出ていそうです。


12月29日現在またサンタさんの映像が見ることができます。
ちょっと、のぞいて見ませんか。

不況と言うネガティブにフォーカスせずに、
今年の最後は心休まる映像を見てください。


追伸:サンタさんがいるかどうかは
あなたの判断におまかせいたします。


それでは良いお年を。


健康塾 岡田俊一

2008年12月27日土曜日

今年は・・・

今年を振り返り、
私的にもいろいろありましたが、
世の中も速い速度で変化しているように感じました。

世界情勢、食、金融、職など
不安要素が浮き彫りになった年でした。

前回のフォーラムでお話いただいた
パーマカルチャースクールの設楽先生の講演で
「今の生活で、物がなくなると、どうなると思います?
奪い合いになりますよ」とおっしゃられていました。

私もそう思いますし、そうならない為に何か出来ないか?
と、非力ながらいつも思っています。

歴史的に見ても、戦争、暴動、革命の時
「飢える」ことにより残虐になったり
「正義による悪意」正しいことを理由に
非道な行為が行われてしまいました。

弱いものが諦め強いられなければならない。
こんな事は、いまでも行われております。

この先の日本で、繰り返されないことを祈ります。
みんなが飢えない世の中。

どんな時でも「他人もしているから」と
非人道的にならない自立した心。

欲求が尽きない物欲を満たす幸せから
心が満たされる日常。
そうなればと思い
ホリスティックを考えております。

ちなみに汚染米事件により
今年のお米は外国産が敬遠され
国産のもち米が使用されていますので
豊作なのですが高値で
おいしいということです。

いつもお世話になっている
お米屋さんに教えていただいました。

青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

2008年12月24日水曜日

タイムスリップ


今年の3月に
大学の時のクラブの
OB会の案内が来ました。

先輩が来月アメリカへ
移住されるので
その壮行会も
兼ねてということです。


それで参加の連絡を幹事の先輩にメールでしたところ
色々近況を書いたメールをくださいました。

そのメールを見た瞬間
30年の時をタイムスリップしました。

私が一年生の時に4年生の先輩で
体育会ですから
とても怖くて近寄りがたく
まるで雲の上の人でした。

お互いに卒業してからは
学生時代とはうって変わって
よき相談相手となっていただきました。

今のこの世界に足を入れる
大きなきっかけも与えていただきました。


体を通して覚えている
思い出よりも
もっとインパクトがあるのが
「香り」です。

「懐かし匂い」って有りませんか?
草の匂いとか、
ある種の香水だったり
海の匂いだったり・・・。


この香りというのは
鼻を通して嗅神経から
大脳辺縁系を通じて直接大脳へ働きかけ
「感情・記憶・行動」に影響を及ぼします。


今回メールで(視覚)30年前にタイムスリップしましたが
思い出のある匂いだったら
幼稚園ぐらいまではすぐに行けるんではないですか。

40代の人でも20代の人の倍の時間がかかる訳ではなく
ほんと一瞬で過去の記憶が甦ってきます。


9月に入ってすぐ
このアメリカに渡った先輩の
訃報が届きました。

7月に肝ガンがわかって
8月の末に亡くなられました。
強烈な思い出と一緒に。


そんなことを思い出した
クリスマスイブの真夜中です。


健康塾 岡田俊一

2008年12月20日土曜日

第25回コアの会学習会案内

第25回学習会

平成21年1月17日(土) 午後3時~午後5時
                   
場 所 : 慈恵クリニック
      奈良県大和郡山市小泉町東1丁目8-7
     (JR大和路線大和小泉駅、徒歩1分)
      参加者が多ければ変更します

講    師    慈恵クリニック院長 山田義帰

学習予定内容
1.ホリスティック医学とスピリチュアル
  ホリスティック医学について
  ホリスティック医学とスピリチュアルの関係
  スピリチュアルな世界観と生き方
  など

2.検討会





参 加 費
2000円(一般 おやつ代等含む)
1000円(慈恵クリニックの患者さん、コアの会会員、ホリスティック医学協会会員)


定員 :20名

申込 :慈恵クリニック
    TEL. 0743-57-6131
    yamada@jikei-clinic.com
    *メールでお申し込みされる場合は、来られる方の
     お名前と所属、連絡先電話番号かメールアドレス
     を記載してください。
    *お申し込みは1月15日までとさせていただきます。
     

------------------------------------------------------◆◆
コアの会:慈恵クリニックで開催される勉強会です。
コはこの世のこと、アはあの世のこと、そしてコアは英語で
核心という意味があります。

私たちが生きている現実的な世界とスピリチュアルな
領域も含めて、健康について必要なことを深く勉強し、より
健康的な人生を歩んでいけるお手伝いをしたいと思っていま
す。
------------------------------------------------------◆◆

次回第26回学習会は
平成21年2月21日(土)午後3時~午後5時開催
講師: 古神道行者 与乃登氏
タイトル: 未定
------------------------------------------------------◆◆

2008年12月18日木曜日

自信ってなんだろう?vol.2

さらに年の瀬がせまってまいりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

前回『自信』についてお話させていただきました
スーパーバイズ・セラピストの清流いつきです。

あれから一週間あまりになりますが、
ご自身へのプレゼント・タイムをとることは
出来ましたでしょうか?

『自信』も『自信のある状態』も、答えは一つではなく、
もしかすると人の数だけあるのかも知れないなぁと
私は思っています。

そして私にとっての『自信』とは

試験に合格することが出来たり、
何かを達成することが出来た自分にあるものではなく

今は結果を出せなくても、

自分自身がそうしたいと本気で願うことであれば
いつか必ず達成できる力があると信じられること

そんな自分に対する信頼のことだと思っています。

なので、『自信のある状態』というのは

いろんな状況の中で、上手くいかなかったり、
望む結果が出せない時ほど発揮される状態

自分に能力がないのではなく、

これまでのやり方では上手くいかないという
目の前にある結果を真摯に受け止め、

違うやり方や方向性などを検討し、
何度でも実践していくことができる
状態のことではないかと私は考えています。

皆様にとっての『自信』と『自信のある状態』は
いかがでしたでしょうか?

出来ることは出来るし、出来ないことはやってみる。

今は、そんな毎日を過ごしています。

心のヒーリングサロン セルジュ・フォレスト 清流

2008年12月17日水曜日

第96回 ホリスティック フォーラム大阪

『パーマカルチャーとホリスティックライフ』
       講師:設楽清和先生


パーマカルチャーとは、自然の完成した姿である
森づくりをしながら、自然と共生する人づくり、社会づくり、
そして地球づくりを目指しています。

人は自分に必要なものは自分ですべてまかないながら、
しかも自分の個性を磨いていく百一姓とし、一人一人が
自立していながら、お互いに受け入れ合う
関係を持つことで成り立つコミュニティを基本的な単位とする、
平等で平和な社会づくりも行って行きたいと考えています。

パーマカルチャーという言葉は、パーマネント(永続的な)と
アグリカルチャー(農業)、カルチャー(文化)を合わせた造語です。
パーマカルチャー・センター・ジャパンは日本の風土に適した
パーマカルチャーを構築し、それを普及することにより、
持続可能な社会を創造していくことを目的として活動しています。

すでに世界各地で実践されている自然と共生するための様々な技術や
知恵を研究・実践し、日本の伝統文化の中にはぐくまれてきた自然と
共に生きる知恵にも学んで、自然と共生しながら人間の生活をも
より豊かにしていく、新しいライフスタイルとまちづくりを
未来のために行っていきたいと考えています。


■講師プロフィール

 設楽清和(しだら きよかず)

 1956年生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒業後
 フランスグルノーブル大学文学部およびアメリカ合衆国
 ジョージア大学大学院人類学科に留学して研鑽を積む。
 一方、特殊法人国際観光振興会に勤務の後、新潟にて農業に従事。 
 現在パーマカルチャー・センター・ジャパン代表理事として
 永続可能な社会の基礎となる人間と自然についての基本理解を深める
 ことをライフワークとしている。


◆日時:2008年12月23日(火・祝)
1:30~4:00(講演・質問)  4:00~5:30(親睦会)
◆場所:関西医科大学(京阪電車「滝井駅」徒歩2分) 1号館第一講堂2F
◆参加費:
会員 2,000円/学生会員 1,000円/一般 2,500円/一般学生 2,000円
◆親睦会500円
■6才以下のお子様の入場できません。
●原則として申し込みは不要ですが、一般の方5名以上、または会員を含む3名以上のグループでの申込みの場合は、全員の方を会員価格とさせていただきます。その場合は事前にファックスでのお申し込みが必要となります。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。


関西支部 事務局

2008年12月16日火曜日

ホリスティックとペット



ホリスティックは私たちの生活に密接しています。何故ならホリスティックは私たちの体だけでなくて、心や生命エネルギーを気、魂といった現代科学では十分に理解できていない分野も対象として、私たち生きている生命の営みに深く関わっています。

今回はペットに関して書いてみようと思います。今はペットを飼われている人は多いと思いますが、欧米ではペットに関するホリスティック的な書籍も販売されていて、そのような考えの獣医さんも多いですが、まだ日本では西洋医学だけの獣医さんがほとんどだと思います。

私は昔から動物が好きで、今でも犬、猫、鳥などのペットを飼っています。今年大学生になった次男が中学生になった頃にフェレットを2匹を買ってあげました。フェレットは イタチの一種であるヨーロッパケナガイタチから家畜化されたもので、古くからヨーロッパで飼育され、現在は世界中で飼われているペットです。平均寿命は6~10年くらいで比較的腫瘍のできやすい動物です。フェレットの半数以上が、(良性・悪性を問わず)何らかの腫瘍にかかるとも言われています。

最初フェレットが我が家に来た時は、手のひらに乗るくらい小さな子供でした。主にフレットは次男が世話をしていましたが、犬や猫のように鳴いたりしません。ケージにいる時はほとんど寝ています。ケージの外に出すと喜んで走り回っています。年齢は7歳くらいになりますが、昨年の秋頃からよく咳をしたりしていました。12月頃に家内が獣医さんの所に連れて行きました。

リンパ腫があってその影響で、心不全を起こしていたようでした。獣医さんの説明では「心臓の拍動が早くてあまり血液を送ることができない」と言われたそうです。獣医さんからは利尿剤とステロイドの薬が処方されました。家内は何種類かの薬を1ccの注射器で無理や口に入れて飲ましていました。その獣医さんホリスティックな考えもある程度理解していて、AHCCという健康食品も積極的に使っていました。AHCCは私も使っているので、獣医さんの西洋薬と我が家にある健康食品でしばらく様子をみていました。

ある程度回復しましたが、春頃から体調が悪くなってかなり危険な状況で、週3回ほど点滴(首の所に100cc程点滴の注射をする)してもらっていました。その頃に知人から大阪で気功教室をしている先生がいることを聞いたので、家内はフェレットを連れて春頃に1回治療してもらいました。気功の先生は1回の治療で「良くなりますよ」と言われたそうです。事実それから驚異的な回復で、腫瘍もなくなりました。体重も増えて元気になりました。獣医さんは驚いていました。

私の経験からも犬や猫のようなペットは、気功治療や機能性食品が人間以上に劇的に効果を示すことがあります。動物は人間のように不信感を持って治療を受けることはないので、ストレート作用するのかもしれません。ただフェレットは腫瘍のできやすい動物ですので油断はできません。

次男は4月から大学生になって家を離れましたので、家内がフェレットの世話をするようになりました。5月になってまた調子が悪くなってきました。獣医さんのお話では胸のリンパ腫が再発して呼吸が悪くなっているようです。酸素が必要なので、2、3日入院しました。場合によっては自宅で酸素を準備しないといけないかもしれないので、在宅酸素療法のパンフレットを取り寄せました。

それから少し落ち着きました。体調が良くなって在宅酸素療法は必要がなくなった代わりに、お薬の量がかなり増えていました。腫瘍に対して抗ガン剤も開始しました。また徐々に体調は戻ってきました。抗ガン剤を使っていると肝機能が上昇してきたので、肝臓に効果のある乳酸菌製剤から作られた機能性食品を与えました。すると肝機能は安定してきました。

その後も波がありますが、少し悪くなったり、また良くなったりの繰り返しでしたが、12月8日にとうとう亡くなりました。獣医さんから最初あまり長く持たないと言われていましたが、西洋医学的な治療以外に機能性食品や気功治療を併用して1年近く延命することができました。フェレットの世話はほとんど家内がしていました。私がホリスティックな医療をするようになって、私がホリスティックな治療しなくても、我が家では家内や家族にとってもそれが自然で当たり前のようになっています。

患者さんであろうが、動物であろうが、病気治療の基本は、自然治癒力を高めることだと思います。私たちはいろいろな方法や手段を使って、自然治癒力を高めるきっかけを作っているだけなのかもしれません。体からのアプローチ、心からのアプローチ、気からのアプローチ、スピリチャルなアプローチ…どのようなアプローチであろうと、自然治癒力を高めることが治癒に繋がると思っています。

2008年12月15日月曜日

空気のようなもの


すぐ近くにあって

いつも触れていて

気が付かなくて

無くて困るけど

無い事が想像できなくて

無い事を想像したくなくて

不思議なもの・・・。

という質問をしたら

あなたはなんて答えますか?

「空気」「水」「健康」「愛」「夢」・・・・。



13日は満月。

月は満ちたり欠けたり。

でも月の存在自体が

変わるわけではありません。

月は本当にそこに在ります。

でも地球の影で見えなくなってしまいます。

日々の変化で一喜一憂。

でも月は

「でえ~んっ」とそこに居てくれます。

日々の小さな事に感謝です。


健康塾
 岡田

2008年12月14日日曜日

温泉水


先日、和歌山県橋本市にある温泉「ゆの里」へ行ってきました。

こちらには、2年ほど前より「温泉水」を汲みに通わせて頂いております。

きっかけは、私のところにいらっしゃっていた患者様から、
「胃がん、大腸がん、皮膚病などの病の方が、飲用しているお水がある」と
お聞きして通うようになりました。

大阪市内から1時間30分ほどかかりますが、
高野山の麓の田園が広がる静かな、いいところです。

こちらのお湯は他のお湯と比べて
のぼせにくく、冷めにくいという特徴があります。
お湯は本来、
陰性(氣を発散する)なのですが、
陽性(氣を集める)性質があるようです。
ただし、長湯し過ぎるとのぼせます。
(どんなに良いことも過ぎると逆効果です)

私の母は、お湯にのぼせやすい方ですが、
「ゆっくり浸かれる」と喜んでいます。

こちらの施設の方にお聞きしたところ
「昔、弘法大師がここを掘ると良い水が出ると言われたと、
言い伝えがあり、掘ると温泉が出た」そうです。

波動水と同じように振った方が良いか訪ねたところ
「波動水と違い振らないほうが良いです。
 生き物みたいに大切に扱ってくださいね」と
おっしゃられていました。
親切にお話頂き有難う御座いました。

また、2ヶ月はもつとの事なので、
影になるところで保管しておりましたら
味は落ちてしまいますが、大丈夫でした。

これからもお世話になりますので宜しくお願いします。

ご関心のある方が御座いましたら、
お勧めですのでご体験ください。

青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

2008年12月13日土曜日

元気よく歩く!

関西支部運営委員のはやしひろこと申します。
大阪京橋で、心とからだと魂のつながりへの気づきをもたらす
ホリスティックケアルームを開いています。
敬愛する先生よりご指名をいただき、初投稿にチャレンジします。
どうぞよろしくお願いします。

今日は冴え冴えとした美しい満月。
さきほどお気に入りのストーンと一緒に
ダウンジャケットをしっかりと着込んで、
しばし月光浴と瞑想をしてきました。
仕事と子育てと家事とでフル回転している頭が
ゆっくりと解放されていく大切な時間。
忙しい生活の中では、「今、ここ」に存在し
自然や宇宙とつながる時間は
意識をしていないとついつい後回しになってしまいます。

でも遠くの聖地やパワースポットに出かけなくても、
たとえ都会のど真ん中であっても、
ダイナミックな日の出や夕焼けに手をあわせ、
草や花や樹に感謝して香りを楽しみ、
月や星を眺めることでも
心とからだを解き放って浄化と再生を行い、
大いなる存在とのつながりを感じることができます。
それはわたしたち自身が、どこに暮らしていたとしても
かけがえのない聖なる自然そのものだからです。

ホリスティックに出会った1991年ごろ、
わたしは大きな病気の回復期で、
オルタナティブな療法や自然療法に魅せられていました。

ホリスティック医学を学ぶには、
まず生き方そのものをホリスティックに!と、
畑を耕し、自給自足をめざして自然農法を学び、
丹後の山奥まで田んぼつくりに通いました。
時間があると山に登り、瞑想にふけり、
様々な視点から自然治癒力を引き出す方法を学びました。

わたしにとってのホリスティック医学とは

痛みや悲しみ、苦しみの中にいる方が、
愛とともに存在する誰かとの関係性や、
場のエネルギーや、
心地よい香りやタッチや対話の中から、
癒しの力に気づき、
自らの内なるヒーラーである治癒力を引き出すことで、
からだが変わり、心が変わり、
考え方や行動や愛の表現方法が変わり、
周囲の人が変わり、そして世界が変わること。

ホロスの風とともに、
ホリスティックな生き方を学び、歩いていきたいと思います。


目の前に広がる美しさとともに 歩むことができますように
うしろに広がる美しさとともに 歩むことができますように
頭上に広がる美しさとともに 歩むことができますように
足元に広がる美しさとともに 歩むことができますように
私を取り巻く美しさとともに 歩むことができますように
美の小路に胸躍らせて 元気よくわたしは歩む

   アメリカ・ネイティブアメリカン ナバホ族の歌より

2008年12月10日水曜日

自信ってなんだろう?

はじめまして☆スーパーバイズ・セラピスト 清流いつきと申します。

私も運営委員の中の女性陣の一人としてご指名いただき、
畏れ多いと思いつつ初投稿にトライさせていただきます。

今回のテーマ、『自信』ですが、
皆様にとって『自信がある』というのはどんな状態でしょうか?

私は現在、
催眠療法(ヒプノセラピー)やNLP心理学のワークなどをメインとした
心理カウンセリングの個人セッションやセミナー、
カウンセリング講座や催眠療法士(ヒプノセラピスト)の認定講座等の
講師などをやっておりますが、

いらっしゃるクライエントや受講生の皆様が
もっとも多く言葉にされるのが、この、『自信』の一言です。

「自信がないので何もできない」
「自信があれば、できるようになる」
「だから、自信をつけたい」

なるほど、確かに~!

「それで、あなたにとっての『自信』ってどんなもの?」

問いかけると、

たいていの方が言葉に詰まられてしまいますが、
「文字通りでいくと…『自分を信じること』かなぁ…」
と返ってくることがあります。

「じゃあ、その、『自分を信じる』ってどういうこと?」
「『自信がある』って、どんな状態なのかな?」

重ねて問わせていただくと、考え込まれてしまいます^^;

答えは、目にみえる形でなくていいんです。
でも、その目標が達成された結果を確認できなければ
どこまで行ってもゴールは見えません。

身体と心は表裏一体
精神も含め、すべてはバランス☆

その根底を支えてくれるもの

それが『自信力』ではないのかなぁと
私は考えています。

多忙な日々をお過ごしのことと思いますが、
間もなく新たな年を迎えるこの時期に、

あなたにとっての
『自信』
『自信のある状態』


いま一度、見定めるための時間
この一年を頑張ってきたご自身へのプレゼントタイムを
ご用意いただけたらと思います♪

清流いつき

マニュアル通りは嫌いです!

先日、奈良の大和八木で夜に講演会があり、少々懇親会に参加した後、近鉄特急で京都まで帰ってきました。

時間が夜遅かったこともあり、車両内の前方に数人のお客がいる以外、ほとんど乗客はいませんでした。

私は、携帯電話で駅までむかえに来てもらえるよう自宅に電話をしていたのですが、そのときたまたたま特急券を拝見します、と言いながら車掌さんが来たので、電話をしながら特急券を見せました。

すると、当然のごとく?「携帯電話は、デッキでお願いします」と注意をされました。その場は、それで終わったのですが、私にはふと疑問が沸いてきました。

なぜ、デッキで携帯をかけないといけないのか?という疑問です。もちろん決まりだからと言えばそれまでですが、車内放送では、「周囲の方の迷惑になるので、携帯電話はデッキでお願いします」という放送が流れていました。

でも、今乗っている車両にはほとんど乗客はいなのだから、周りの人に迷惑をかけることはないのになあ‥と思ってしまいました。

何のためにデッキで携帯をかけないといけないのか、という本来の目的を考えると、何ともしっくりこない注意のされ方でした。

同じようなことが居酒屋でもありました。個室を借りて十数人で楽しく宴会をしていました。個室は2時間です、と言われていたので、それは了解していたのですが、その日は日曜日の夜だったせいか、お客さんはガラガラでした。他の三つの個室もすべて空いていました。

ところが、2時間経った段階で、時間ですと言われ、会計の伝票を持ってこられました。私たちはちょうど盛り上がっており、もう少し飲んだり食べたりしたいと思っていたので、私は責任者を呼ぶように言って、話をしました。

「2時間制というのは、できるだけお客の回転をよくするためだというのは十分に理解していますが、今日のようにガラガラの状況で、なぜ、もう少しいてはいけないのでしょうか?私たちがこの部屋で、もうしばらく飲み食いすることで、お店にどのような迷惑がかかりますか?私たちを不快な気持ちにさえ、追い出すよりも、このままいさせてもう少し売り上げを上げた方がお店にとってもよいのではないでしょうか」

このように言うと、「分かりました、このまま飲んでいただいても結構です」ということになり、その後1時間半ほど、宴会を楽しませてもらいました。

車内での携帯の使用にせよ、宴会の2時間制にせよ、すべてマニュアル通りに動いていると思うのですが、なぜそのようなマニュアルができたのかを考えながら行動すべきではないでしょうか。

マニュアルは大切ですが、マニュアルに振り回され、本来の意味を見失うことことになっては本末転倒になってしまいます。まさに部分ばかりに目がいってしまい全体が見えなくなっている状態です。常に全体的な視野に立ったものの見方をしながら行動したいものです。

ちょっぴり不満を言わせてもらいました。

2008年12月9日火曜日

風邪のお話



よく風邪に葛根湯と言われますが、
飲んで良い方、悪い方がおられます。

葛根湯を飲む証は、
熱が身体にこもって発散できていない状態です。

体力があるので発散させてあげると良いです。
しかし、
体力がなく発散しては、いけない方が飲むと逆効果です。

わたし達は風邪を引くと
お風呂に入らない事が良いのか?
入いる事が良いのか?
悩みます。

ポイントのひとつは、汗が出ているか、出ていないかです!
汗が出ている状態の方には、
お風呂は、お勧めできません。
お風呂だけではなく
汗をかき発散させることはお勧めできません。
お酒、運動などです。

日ごろから体力があり、
汗の出ていない風邪を引いてらっしゃる方には
良いかも知れません。

ちなみに、習慣で
日本人は風邪を引くとお風呂に入らない。
アメリカ人は、湯船につかる。
と聞いたことがあります。

東洋医学で大事なのは、
同じ病名、症状でも個人により
処方、処置は異なるということです。

万人に効くものは、ありません。

個人でも症状、状態、年齢、季節など
により、答えは異なります。

ますます寒さが増して来ますので、
お体ご自愛ください。
青龍サコダ鍼灸治療院
 

2008年12月8日月曜日

セラピスト自身の癒しも大切

先日、3期目(8日間)のホリスティックコミュニケーション実践セミナーを無事終了しました。受講生にとって、とても満足感の高いセミナーであったことは、主催者としては何よりもうれしいことです。

私自身、このセミナーを通して、気づかされることがいくつかありました。

最初は、セラピー的なコミュニケーションのテクニック(主にソリューション・フォーカスト・アプローチ)を教えるつもりで、このセミナーを開催しました。

ところがやっているうちに、これはテクニックを教えながら、実は、セラピーに必要なものの見方や考え方を学ぶことの方が重要であることに気づいたのです。

しかし単に、ものの見方考え方の話をしても、概念的になるだけであり、本当の意味は伝わりませんが、毎回のデモンストレーションやワークをすることで、初めてそれがしっかりと伝えることがわかりました。

さらに、今回のセミナーでは、皆さん自分が現在抱えている問題を題材にして、実際のワークをしますので、自ずとその問題に目を向けざるを得ませんし、またそこで行われるワークでその問題が解決されることもしばしばありました。

それにより、セラピストである参加者が、様々な気づきを得ることになり、それにより癒され、それがさらに、ものの見方や考え方を大きく変えることに気づきました。

つまり、セラピスト自身の問題を解決し、癒されることが、結果としてその人のセラピーの質を高めるのではないかと思ったのです。

セラピーのテクニックを磨くことばかりに目を向けるのではなく、自分自身を癒すこと、これもセラピストにとってとても重要なことなのだと感じました。

2008年12月6日土曜日

ホリスティックなコミュニケーション


今年、2008年になってから、
”ホリスティック医学協会関西支部”のスタッフとして
お手伝いをさせてもらっています。
人生半分以上を生きてきましたが、
ほやほやの新米です♪
宜しくお願いします。




補完代替療法や、自己治癒力を高めるアプローチなど、
キュアとケアの両面を備えた、人間性豊かで、
素晴らしい活躍をされている先生方が交代でブログをアップされ
分かりやすいエピソードを、いつも興味深く読ませていただいていたのですが
今回、敬愛する先生から女性陣もとご指名を頂いたので、
初めての投稿にチャレンジしてみます!

初回ですので、まずは自己紹介がてらに、
さまざまな出会いについてお伝えしたいと思います。


ホリスティックという言葉に出会ったのは、
アロマセラピーを学び出したのと同時だったと思います。
1999年のことでした。

アロマセラピーは、症状の緩和や治療的な精油の選択ばかりに目をやるのではなく
クライアントさんの状態をよく知るために、
からだとこころ、そして環境やスピリチュアルな側面をも踏まえて
全体的にホリスティックに捉えることで、効果が発揮できると学びました。


その後、2004年の「自然治癒学プロジェクト」2日間のセミナーに参加し、
”ホリスティック医学協会”の活動を知ることになりました。
ホリスティックをもっとよく知りたい、学びたいを思うようになり
協会の認定する”生活習慣病予防指導師”を目指して勉強しました。
この認定のための通信教育やスクーリング、施設見学がとても楽しかったです。

看護師として病院で勤務していながらも、現状の医療に対して、
また治療者と患者との関わりにおいても
これではいけないのではないかと思っていました。
真の医療とは?
患者さんとの関係は?
病のストーリーとは?
ホリスティックヘルスや治癒的自我とは・・・
そういった視点を見直すきっかけとなりました。


2ヶ月に1度開催されている「ホリスティックフォーラム」では
毎回、素晴らしい先生方の講演をうかがうことができます。
目からウロコが何枚も剥がれ落ち、温かな思いに感動し、
心が動かされてきました。

こうして、フォーラムに参加するうち、既にアロマの仲間が
スタッフとしてお手伝いしているし、いつも参加するのだから、
私もこの素晴らしい先生方と、ホリスティックを通して関わりを深め
もっと学んでいきたいなと思うようになりました。


関西支部長である、緩和ケア医師、黒丸先生が開催された
「ホリスティックコミュニケーション実践セミナー」でも、
今年1年間、3期まで続けて再受講させて頂きました。

何度受講しても、毎回、新しい気づきと感動を与えてもらっています。
この講座での、出会いの数々は・・・・

殻を外す
枠を超える
視点を変える
変化してみる
まずは小さな1歩から
ホッとしてもらう
バランス感覚
きっかけとなること

そして、これまでのカウンセリングの手法や
価値観を手放すことも教えてもらいました。

補完代替療法など、キュアとケアの両面を大切にしながらも
コミュニケーションの大いなる意義を知りました。

プラシーボの研究を通しての気づきや、学びから
人間に本来備わっている治癒へのプロセスを知ったことも、
大変に大きな学びでした。

数々のその人独自の治癒への道(ストーリー)
治癒的自我を目覚めさせるための方法が
人と人との関わりそのものにもあるのかも・・・

宮里 文

心の傷




あなたの心の中には何があるの…?

悲しみ? 苦しみ? 恐れ? 

誰にも話せないの…?

どうして自分で傷つけるの…?

何度も…、何度も…

体の傷は痛くないの…?

誰に分かって欲しいの…?

親? 兄弟? 友達? 彼氏?

体の傷は時が経てば癒えるけど

あなたの心はいつも傷ついている

分かって欲しいから…、気づいて欲しいから…

また同じ事をしてしまうのかな~?

心の中に閉じこめて、鍵をかけていても

ネガティブなエネルギーが貯まってくると

一気に爆発してしまう

心の傷が癒えますように…!

ネガティブなエネルギーが解放されますように…!

あなたがあなた自身をとりもどせるように…!

私にできることは、ただ祈ってあげるだけ…







以前、夜診で左上腕を自傷した若い女性が来院しました。前の年の2月から何度も自傷しているようです。詳しい事は話してくれません。精神科でお薬をもらっているそうですが、発作的にナイフで切ったそうです。何カ所も切っています。皮膚が何カ所もスライスのように切れている傷を見たことは初めてでした。

自殺目的で動脈を切るような深い傷ではありませんが、何カ所も傷口が開いています。傷口の間隔も狭いので、とても全部の傷を縫合することはできません。出血は止まっていたので、傷を消毒して抗生物質を渡して帰ってもらいました。

元外科医の私にとって肉体的な傷を治すことはできますが、心の傷は治せません。彼女にとって本当に必要なのは心の傷を治す事だと思いました。心の傷は、消毒したり、お薬を出して治るものではないことは明らかです。早く心の傷が治る事を願いました。

2008年12月4日木曜日

たかが飲み会、されど飲み会

先週の土日はホリスティックコミュニケーション実践セミナーを開催しました。皆さん和気藹々と楽しくセミナーを行わせていただいています。

もちろんセミナーも大切ですが、毎回行われる終了後の懇親会(飲み会)も重要だと思っています。

ただ単に私が酒好きというだけではなく、やはり皆さんお酒の場では自由に話ができるようになり、思いも寄らない方向に話が進んだりもします。

そのような中から、この人は本当はとても気さくな人なんだなとか、こんなことも考えているかとか、セミナーの中では分からなかった一面を見ることができます。

状況や環境が変われば、人は普段とは違った側面を見せることが多いようい思います。そんなところから、その人の意外な部分が見え、さらにつながりも深くなるのではないでしょうか。

そんな、人の隠れた良さを引き出してくれるのが、このような飲み会だと思っています。だから私は飲み会が好きなんです‥単なる言い訳?

黒丸尊治。

2008年12月3日水曜日

冷えのお話

寒さが厳しくなって来ましたが、
今回は冷えのお話です。

冷え性の方にですが、
早くから厚着はお勧めできません。

急に寒くなり冷えないように
なさることは大切なのですが・・

たとえば、
夏から靴下や腹巻をして寝る方がおられます。
寒くなればなるほど着込まなくてはなりません。
「寒がり」を作ってしまってます。

寒い経験をすることで、
身体を自身の力で暖め、
冷えに強くなるようになります。

着込んで、冷え症を作ってしまっている
心当たりの方は、
冬至ごろまでは、昨年より少し
「冷えない程度に薄着で暖房控えめ」
を心がけて頂ければと思います。

無理して風邪を効きませんように~

冷房も同じで
近頃の子供たちは汗腺が少なくなっているそうです。

東洋医学での健康は自然に対応できているお体です。

夏と冬では、まるで違います。
夏は熱の発散がうまく出来るお体。
冬は、熱を逃さず冷えに強いお体。

体力の弱っている以外の方は
自然に対応できるお体を目指して頂ければと思います。

将来、体力で対応していた方が、
体力が低下してきたときに
四季の変化に順応できず、
様々な症状が現れる方がおられます。

体力のあるうちから、
自然に逆らわないお体にさせていると
生命力(氣)の燃費が良いお体となります。

年を重ねることへの対応する力となるでしょう。
青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

2008年12月1日月曜日

幸せは自分の心が決めるもの!


私の整体院では整体の技術はもちろん提供しますが
カウンセリングにもしっかり時間をかけて
お話を聞かせていただきます。

時々思うのですが・・・、
「その」考え方は置いといて「この様に」
考えられませんかと・・・。

それを率直にアドバイスさせて頂くときもあれば
お伝えしないままで
心にしまって置くときもありますが。

「その」考えとは・・・。
「つまり私は幸せになれないんだ・・・・」
「だから自分を好きになれないんです・・・・」
という言葉です。

心の中のコンパスの針がネガティブな方向に
常に向かっている状態ですね。

そんな時にはこの様なお話をさせていただきます。
ホワイトボードに直径20cmぐらいの円を書いて
「この円は大きいですか、小さいですか?」とたずねます。

もし貴女が「大きいです。」と答えたら、
横に直径50cmぐらいの円を書いて
「ええっ、そうかな小さいよ」といいます。

反対に「小さい」と答えたら
今度は横に5cmぐらいの円を書いて
「ううんっ、これと比べたら大きいね」といいます。

もう判りましたか?
そうです、ただ20cmの円だけを書いても比較する対象が無かったら
大きいとも、小さいとも判断はできないのです。

コンプレックスは誰かと何かを比べるから
自分の心が感じる落とし穴なんですよ。

「この様に」考えてください。
『貴女は貴女でいいじゃないですか。唯一なんだから。』

自分を好きになる魔法は、
『貴女は貴女でいいじゃないですか。唯一なんだから。』


健康塾真愈整体学院 岡田

2008年11月29日土曜日

パーマカルチャーの説明会~

24日に神戸で行われた、
パーマカルチャー・センター・ジャパンの説明会に行って来ました。
関西支部で12月のフォーラムにに講師としてお招きいたしております。
設楽先生のお話を聞かせて頂きました。
詳しくは、次回のフォーラムをお楽しみ頂ければと思います。
 印象に残ったことは、参加者から「共生について」質問を受けられたおり、
「一人ひとりそれぞれのパーマカルチャーを目指せばいい。
決められたものはないが、みんなで集まればいろんなことができる。
こんな集まりが共生」
このようなご発言をされていました。
 ホリスティックも同じですが、
強制ではなく皆が尊重しあい、共生でいればいいと思いました。
 個々が自立し、尊重しあう集まりが、
ホリスティック、パーマカルチャーの理念な気がいたしました。
青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

2008年11月28日金曜日

第24回コアの会学習会の案内

第24回学習会

平成20年12月20日(土) 午後3時~午後5時
                   
場 所 : 慈恵クリニック
      奈良県大和郡山市小泉町東1丁目8-7
     (JR大和路線大和小泉駅、徒歩1分)
      参加者が多ければ変更します


学習予定内容
1.懇親会
1年間コアの会学習会に参加して下さって、ありがとうございます。12月の学習会は、普通の学習会ではなくて懇親会とさせていただきます。

コアの会について感想や今後の取り組みについて、日頃から健康に対して思っていること、不思議な体験、スピリチュアルについて…など、どのようなテーマでも当日参加してくれたみなさんとお話ししたいと思います。
 
※懇親会が終われば、すぐに場所を変えて忘年会を予定しています!

2.忘年会  午後5時30分~7時30分
楽しく食べて、飲んで、お話ししましょう! 






参加費 : 1000円(一般)
500円(慈恵クリニックの患者さん、コアの会会員、
ホリスティック医学協会会員)

定員 :20名

申込 :慈恵クリニック
    TEL. 0743-57-6131
    yamada@jikei-clinic.com
    *メールでお申し込みされる場合は、来られる方の
     お名前と所属、連絡先電話番号かメールアドレス
     を記載してください。
    *お申し込みは12月15日までとさせていただきます。
     

------------------------------------------------------◆◆
コアの会:慈恵クリニックで開催される勉強会です。
コはこの世のこと、アはあの世のこと、そしてコアは英語で
核心という意味があります。

私たちが生きている現実的な世界とスピリチュアルな
領域も含めて、健康について必要なことを深く勉強し、より
健康的な人生を歩んでいけるお手伝いをしたいと思っていま
す。
------------------------------------------------------◆◆

次回第25回学習会は
平成21年1月17日(土)午後3時~懇親会
講師: 慈恵クリニック院長 山田義帰
タイトル: ホリスティック医学とスピリチュアル
------------------------------------------------------◆◆

2008年11月22日土曜日

今を生きる


今回、穂高養生園に行ったのは、実はがん患者さん(とその家族=サポーター)の自助グループの例会に参加するためでもありました。

このグループ、元は12年前に養生園で開かれた、近藤誠氏(「患者よがんと戦うな」という著書で、当時話題になっていた)のセミナーに参加した人々の同窓会から始まったもので、毎年春と秋の2回、養生園で例会を開いています。名づけて、「今を生きる キャンサー21」。

病気の性質上、すでに何人ものメンバーの方が亡くなられましたが、会員からの口コミで、新たに加わる方も多くおられます。私も、養生中このグループに出くわしたのが縁で、今や会員兼顧問医師になってしまっています。

「とてもがん患者と思えない」といわれる元気な会で、5周年記念では笑福亭小松さん(胃がんの術後に徒歩で日本縦断した)を呼んで、寄席を開きました。一昨年は10周年記念シンポジウムを開催(もちろん養生園で)。メインゲストは岐阜の船戸崇史先生で、不肖私もシンポジストを務めました。写真はその時に記念出版された本の表紙です。

いつもしている事は、皆で自分の病気の物語を語り合う事です。語り、励ましあい、分かちあう中で、色んな気付きや癒しを得る事が出来ます。同じ病気を生きていると言う連帯感と支えあう力というのは、本当に大きな力になります。「つながり」の力もホリスティックヒーリングの大きな要素です。

つらい治療、どうなるかわからない命、医療者との関係の悩み、そして人はやがて死ぬ・・・
そんな事を色々話し合ってゆく中で、多くの人から語られるキーワードは、「今を生きる」という言葉です。

さて、来年の関西シンポジウム。仮タイトルは、まさに「今を生きる」です。どんなシンポジウムになるのか楽しみです。

愛場庸雅

2008年11月19日水曜日

穂高養生園


穂高養生園は、長野県安曇野市(旧穂高町)にある、ホリスティックな養生施設です。
1986年に、鍼灸師の福田俊作さん(現協会理事)が開設しました。

北アルプスの麓の、静かで自然環境に恵まれた場所にあり、玄米菜食(マクロビオティック)の食事(写真のようにデザートまでついていてとてもおいしい)、ヨガや散歩のリラクセーションプログラムが提供され、更には、中房温泉からの湯が引かれ、鍼灸、アロマ、びわ葉温灸などの手当ても受ける事ができます。
また、時には多彩なワークショップも開催され、まさにホリスティック医療を受け、学ぶのにふさわしい所です。

近くには、有明神社をはじめ、多くの美術館、芸術館などがあり、車で少し行くと温泉もいっぱいあります。

私は、9年前のがんの治療の終了後、約三週間滞在し、その後かれこれ10回以上行ったでしょうか。先日の東京シンポジウムの前二日間、穂高の紅葉と、温泉と指圧マッサージでリラックスしてきました。時間に追われるストレスフルな日常を脱却し、少しだけゆったりとした時を過ごす事ができました。ほんとはもっと居たかった。

皆様も数日滞在されてはどうでしょうか。禁酒禁煙ですが、なぜかこの時はアルコールが欲しくならないのが不思議です。なお、冬の間(今年は12月7日から3月末まで)はお休みです。


愛場庸雅

2008年11月18日火曜日

無意識な緊張



生活習慣や心理的背景によるご自身では感じにくい「活性化」させ生命力(氣)を消耗しやすい状態の方が多くおられます。

意識的には「リラックスしている」と感じていても、自己表現が何らかの要因で出来ていない。気を使う。忙しくて気が抜けない。お酒・甘味・刺激物などで興奮させてしまっているなど。

心身が疲れてくると、活性化しようと「ソワソワ・イライラ」したり、お酒・甘味・刺激物などを頻繁にとるようになります。

氣が少なくなっている患者様には「小動物みたいですね」っということがあります。自分を守るため、弱い生き物は周りに気を使っていなければいけないです。

以前、「コーヒールンバ」という歌が流行ったのですが、歌詞に「アラブの偉いお坊さんが、恋を忘れた男に~」から、はじまりコーヒーを飲ませて男は恋をした。っと歌詞にあります。

植物は身体に入れると、氣を根の物が集める性質があり茎→葉→花(実)になるほど発散させれます。

コーヒーは高揚させる性質があります。紅茶(葉)よりコーヒー(実)の方がより発散し、のぼせやすいです。

更年期、自律神経症状などの方には、お勧めはできないです。

人は疲れると活性化して乗り切ろうとします。疲れている時に限って「キッキリ掃除をしたい」など潔癖・イライラになったり、コーヒーや刺激物、お酒、肉類を取ります。

調子の悪いときほど「悪いもの」を欲してしまいます。「精神的発散の方法がわからない方」などは仕方がないとは思いますが、ダメージはあります。また、ご自身の許容範囲なら大丈夫です。

生活習慣の中にも身体からのメッセージがあるのです。

黄帝内経素問っという本に「泣く人より、怒る人のほうが治りやすい」このような記述があります。

万遍なく感情が表現できている方が良いのですが、泣く人より怒る人のほうが氣があります。まだ力のあるうちに気づくことが出来ればと思います。

青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

病気を通じて進化する


痛みは体の内側からのメッセージです。

もしこの痛みが無かったら、
怪我をして血が出ていても

気づかず出血多量で
死んでしまうかもしれません。

整体的にいえば痛みがあるから
自分の間違った生活習慣に気づくことができると言えます。

それを他人任せにして痛みを取り除いてしまうと
そのメッセージに気づけないことがあります。

私の考える『健康観』とは、
バランスを取る能力のことです。

病気になる必要がある時に
病気になれる力・・・。

人は病を通して気づくことがあります。

病だけでなく、
「生老病死」全てに気づくチャンスを
与えられているはずです。

ただ痛みや苦しさはできれば
避けて通りたいのが人情、

「何で私が病気にならなければいけないの・・・。」
この答えは難しいと思います。

風邪や胃痛から不治の病まで
病気のレベルにも色々ありますし・・・。

人は生まれた瞬間から少しずつ寿命を逆算しています。
皆に共通の「死」というゴールがありまする。
「死」がゴールかどうかは色々な考えがある思いますが・・・。

せっかくいただいた痛みを取ってしまうのは、
セラピストの傲慢であると思う時もあります。

多くは感謝されますが。

飯田史彦さんは「生きがいの創造」で
私たちはこの世で自分で決めた宿題をするために
生まれてくると言われています。

腰痛を持った人が整形に行き
手術をしてその結果

痛みが改善する人や
痛みが変わらない人など
様々な人がいます。

今この手術の是非を云々というのではなく、
手術を選択する人、又何らかの方法で
手術を回避できる人
この差は何なんでしょう。

勿論これはその人の信条、
情報の有無など様々な要因があると思いますが、

手術をしなくても改善する人や、
手術をして少し改善する人や、

予後が悪くて、人(病院)を恨む人や
いろいろな人がいます。

患者側にしてもドクター側にしても
今の時点の現象にしか目を向けていないと
他人に責任を転嫁していくということになってしまいます。

「病は体の内からのメッセージである」

そのメッセージに気づくために
病気や様々な困難にめぐり合って考えて

自分で課した宿題を解いていくのではないかと思います。

健康塾真愈整体学院 岡田

2008年11月17日月曜日

ホリスティック緩和ケア

15日は高山にホスピスをつくる会の主催で緩和ケアに関する講演を、16日は東京でNPO法人日本臨床食物機能研究会で緩和ケア病棟での代替医療についての講演をしてきました。

いずれもなかなか好評でした(と私が思っているだけ?)。

緩和ケアというと、どうしても死ぬところというイメージがります。でも私は、安らぎだけではなく、希望も持てる緩和ケアをつくっていきたいと思っています。

末期のがん患者さんであっても「まだあきらめたくない」という人はたくさんいます。特に若い人であればなおさらのことだと思います。

そのような人たちに対しては、たとえ末期であったとしても治療的なかかわりを続けていってあげることが、その患者さんの思いに寄り添ったかかわりではないかと思っています。

ただし、末期の患者さんに対して抗がん剤や手術はできません。そこで登場するのが治療的代替医療です。それは丸山ワクチンでも健康食品でも免疫療法でもよいのですが、とにかく患者さんの体に負担がかからず、かつ希望を支えられればそれでよいのです。

つい治るの、治らないのとか、効果があるのか、ないのか、といった議論になりがちですが、それは分からないとしか言いようがありません。でも患者さんの希望を支えてあげることはできます。

そんな試みを彦根市立病院の緩和ケアではやっていると言うことをお話ししてきました。今まではただ単に、死ぬだけの所と思っていたが、緩和に対するイメージが大きく変わった‥といった意見を頂き、少し気分がよくなりました。

やはり固定観念に縛られることなく、あくまでも患者さんの心の治癒力を大切にするといったかかわり方が大切だと思いましたし、これがホリスティック緩和ケアと言えるのではないかと勝手に思っています。

黒丸尊治。

2008年11月13日木曜日

ホリスティック レシピ


先日我が家に着いたあるカタログを見ていたら、ホリスティック レシピ というのが目に止まった。

曰く
ホリスティックケア理論に基づいた・・・
ベジタリアン:野菜&ライス ノン小麦・肉
減塩:生チキン&サーモン ノン小麦

アメリカの製品なのだが、どうも自然食、アレルギー対応食みたいなのをホリスティックと言っているようである。

「食」はホリスティック医学を語るときに重要なものではあるが、「ホリスティック」はそれだけではない。「ちょっと違うよな」と思うけれど、それでもホリスティックという言葉が商品に登場するほど、アメリカではポピュラーな言葉になっているのかなと思う。今の日本ではこうはいかない。

ちなみにお値段は我が家で購入している製品の倍近い。
「ホリスティック」は高級食材なのである。

えっ、何のカタログ? って

ドッグフード、キャットフード


愛場庸雅

2008年11月12日水曜日

身体の寿命と、氣の寿命



 東洋医学でいいます「氣」(身体・こころの活動するすべてのエネルギー)を脉診を診ていて考えることですが、氣の寿命より身体の寿命が延び、身体・精神ともに衰弱した状態で最後を迎えることとなられる方が、多いように思われます。

 以前は氣の寿命の方が身体の寿命より短いことが多く、寝たきりなど身体・精神活動の低下が著しい状態が長く続かなかったと考えています。

 私としても両親や大切な方々が、長生きされることを心より願っております。しかし、生きがいを感じられる程度に,身体もこころも活動できる様、養生が必要です。
人は歩く、感情がでるなどしていなければ、廃用症候群。エコノミー症候群など生命維持に支障がきたす恐れがあります。人は動かなくてはいけない様に出来ている。

 現在、言われる「元気」とは本来の状態より「過活動」なことに重点が置かれているように感じます。味覚にせよ精神的興奮にせよ、以前よりも激しく、身体・こころに対し過活動を促し、身体の寿命が伸びているのに、氣の寿命が最後まで持たなくなると考えます。
 
 身体的・精神的に「疲れた」と、からだからのメッセージに、時には安静にされ、答えてあげることも大事です。今、元気に見せるために将来のエネルギーを消耗させない・・・地球のエネルギー問題と同じです。コントロールされることをお勧めいたします。

 昨年の東京のシンポジウムで帯津 良一先生がおっしゃられていました。
「死ぬにも大きなエネルギーが必要です。死ぬまで養生が大事」

青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

救急医療とホリスティック医学

今朝、病院である患者さんが突然心肺停止状態になった。私の受け持ち患者ではなかったが、院内にドクターコールの連絡が入ったため、すぐさま病室に駆けつけた。

病室の入ってみると、80代くらいの男性患者の周りにすでに何人かの医者とナースがおり、一生懸命に心臓マッサージをしていた。気管切開部からはおびただしい出血も見られた。たぶん気管支からの出血で喉がつまり、それで呼吸が止まったのかもしれない。

私もすぐさま中に加わり、交代しながら40分程マッサージを続けた。

もともと呼吸器疾患があり、人工呼吸器につながれている状態で、ずっと入院している患者さんだった。心臓マッサージという機械的な作業を続けながら、ふとむなしさを感じた。

目の前に横たわっている患者さんは先ほどまで意識のあった「人」であったが、今この瞬間はたんなる「もの」としか扱われていないんだなあ、と思ったからだ。

もっとも救急の場面ではごく当たり前な光景であり、何ら不適切なこともないのだが、今の医療の、人をものとして扱う典型的な姿が、この救急の場面に集約されている思いがした。

人生の最後の時なのに、血まみれになりながらも、これでもか!と言わんばかりに心臓にむち打つように、心臓マッサージが続けられる。もっと、穏やかに静かに、暖かく最後をむかえさせてあげられないものなのだろうか。

80歳の人工呼吸器に長らくつながれながら生きていた患者さんである。マニュアル通りに救急処置をするのは当然だが、もっと、人間味のあるかかわり方ができないのだろうかと思わずにはいられなかった。

救急医療にも、人を人として見るホリスティックな視点が必要なのではないだろうか。

黒丸尊治。

2008年11月10日月曜日

万人のためのホリスティック医療

東京で行われたシンポジウム2008「万人のためのホリスティック医療 もっと身近に、もっとあたりまえに」を聞いてきました。

メインゲストは作家の田口ランディさん。帯津先生との対談され、自身の家族の看取りや、今年亡くなられた柳原和子さん(関西シンポジウム2001のゲスト)とのお付き合いの中から、医療問題にかかわる深い洞察を示されました。小説「キュア」は、帯津先生も上野圭一さんも一気に読んだとか。

抄録誌の田口さんの原稿から抜粋
 ・・・ホリスティック医学というのは、「ホリスティックな医学」が存在するのではなく、医療者と患者と家族の関わりも含めた全体性のなかで、生と死の物語が展開されることだと感じています。・・(略)・・
 これまで医療は独走し、死を敗北と見なし患者や家族を置き去りにしがちでした。死が生のエネルギーを持っていることを認めず、全体の関係性を断ち切って患者を孤立させてきました。人間が生きて死ぬために必要なのは、ホリスティックな場と関わりです。それを育むのが治療者ではないかと思っています。

帯津先生は、「これで言い尽くされている」とおっしゃってました。
田口さんはしとやかな和服姿で登場されましたが、しゃべりだすとなかなか歯切れよくパワフルでした。

午後は、タイトルの「万人のため」を実践しようとしている4人のパネリストによるディスカッションでした。
500人程度の会場で、こじんまりとはしていましたが満席状態で、そこで語られたのはこれからの医療を改めて問う内容でした。

ホリスティックコミュニケーション

先日ホリスティックコミュニケーション実戦セミナーの5日目を行いました。

参加者に実際の問題を提供してもらい、それに対して私が問題解決のためのかかわりをするというものです。

人の心の問題を扱う場合は、マニュアル通りにすればよいというものではありませんが、

どこに視点をおきながら患者さんを見ていくかという点は重要になってきます。

患者さんが何を問題と思っているのかに焦点を当てながら話を聴き、

その思いをうまく引き出すような質問をする。

これを繰り返していくことで、自ずと心の治癒力は引き出され、

結果として患者さん自らが問題を解決することになります。

そのような関わりができるようになるためにはやはり、ある程度のトレーニングは必要でしょう。

でもこの視点こそホリスティック医学には重要だと思っています。

一人でも多くの代替療法家、セラピスト、医療関係者の方々に、

ホリスティックコミュニケーションを学んでいただき、

患者さんの心の治癒力をうまくく引き出せるようなコミュニケーションスキルを身につけていただきたいと思います。

本当のホリスティック医学を実践していただくために‥。

黒丸尊治。

2008年11月8日土曜日

第23回コアの会学習会

平成20年11月22日(土) 午後3時~午後5時
                   
場 所 : 慈恵クリニック
      奈良県大和郡山市小泉町東1丁目8-7
     (JR大和路線大和小泉駅、徒歩1分)
      参加者が多ければ変更します

講    師    古神道行者 与乃登氏

学習予定内容
1.日本の呪術と西洋の魔術について。

2.呪術の実際と実践についてのお話。

3.まじないのこぼれ話。

与乃登さんから「実際の話をしてみたいと思います。」とコメントがありました。
興味のある方は是非参加して下さい。






参加費 : 1000円(一般)
      500円(ホリスティック医学協会会員)

定員 :20名

申込 :慈恵クリニック
    TEL0743-57-6131
    yamada@jikei-clinic.com
    *メールでお申し込みされる場合は、来られる方の
     お名前と所属、連絡先電話番号かメールアドレス
     を記載してください。
    *お申し込みは11月20日までとさせていただきます。
     

------------------------------------------------------◆◆
コアの会:慈恵クリニックで開催される勉強会です。
コはこの世のこと、アはあの世のこと、そしてコアは英語で
核心という意味があります。

私たちが生きている現実的な世界とスピリチュアルな
領域も含めて、健康について必要なことを深く勉強し、より
健康的な人生を歩んでいけるお手伝いをしたいと思っていま
す。
------------------------------------------------------◆◆

次回第24回学習会は
平成20年12月20日(土)午後3時~懇親会
終わってから忘年会の予定
------------------------------------------------------◆◆

慈恵クリニック  山田

2008年11月7日金曜日

私たちの宇宙!






私たちの見ている星や銀河など、

この宇宙で観測可能で目に見える物質は      4%



光も出さず重力に影響を与えるダークマター

(暗黒物質)は目に見える物質より多く        23%



残りはダークエネルギーと呼ばれる

解明されていない未知のエネルギーが       73%





科学が発達して何もかも分かったように錯覚していますが、まだまだ解明されていない事の方が多いのです。科学を否定しません。でも科学で分からないことを否定しようとすることの方が非科学的だと思いませんか。

ホリスティック医学は直接宇宙を研究する訳ではありませんが、人間を「体・心・気・霊性」を複合的な要素で捉えます。最先端の西洋医学は体に対しては得意ですが、心・気・霊性の領域はまだまだ分かっていませんし、気や霊性に関しては否定的です。

見えないから、分からないから否定してしまえば、それは科学ではありません。それを解明していくのが科学的な思考だと思います。私たちは宇宙についてほんの4%しか分かっていないという現実を踏まえて、未知な領域であるホリスティック医学がより発展することが人類にとって大きな貢献に繋がると思っています。


慈恵クリニック 山田

本のご紹介~

 前回の投稿で上野 圭一先生にふれましたが、アーウィン・ラズロ氏の著書「カオス・ポイント」を上野先生が推奨されていて、読んだところホリスティックな内容で感化されましたので、「アーウィン・ラズロ氏は信頼できるか?」が疑問になり、お会いさせていただくこととなりました。

 上野先生は「長年の親交がある、龍村 仁監督が地球交響曲第五番の撮影時に半年ほど張り付いていたが、科学者でアーウィン・ラズロ氏ほど信頼できる人はいないっと言っていたので信頼できる」とご返答いただきました。
 上野先生には、いろんなお話ができ感謝いたしております。

 本ですが私としては、非常に前半(人類のブレイクダウンとブレイクスルーについての検証的な内容)は難読でしたが、後半ホーリズム(ブレイクスルーが出来た未来)なお話は読み易かったです。 良ければお読み頂ければと思います。

 2010年の大河ドラマ「龍馬伝」の主役は福山雅治さんに決まりましたねぇ
前回の写真は龍馬の墓前からの京都の町です。

青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

2008年11月6日木曜日

時計の針のように。

体はほったらかしにしたら
どんどん固くなります。


毎日少しずつでもストレッチをすると
少しずつですけど柔らかくなります。


でも変化が小さいから
見た目には解りません。


でも必ず変化しているのです。


アナログの時計の秒針は一秒ごとに動きます。
分針も時間針も動いています。


分針は60分で360度だから
1分で6度動きます。


60秒で6度だから
1秒で0.1度動いているんですよ。


でもじっと目を凝らしていなかったら
止まっているよう見えます。


ちょっと大き目の掛け時計を良く見てください。
分針の動きを見ることができます。


短針(時間針)はもっとゆっくりですね。
でも完全にストップしているわけではありません。


どんな時間軸で見るかによっては
動いてる物も変化していないように目に映ります。


さあ、あなたも なかなか成果が現れないかもしれませんが、

時計の針のように眼に見えるまで
しっかりがんばってみてはいかがですか。


立ち止まったら前へは進めないから。


健康塾真愈整体学院 岡田

いろんな方々と・・


こんにちは。

昨年、関西支部の木村先生のご紹介で、
日本ホリスティック医学協会・副会長の上野圭一先生と京都でお会いさせて頂きました。

そのときにホリスティックなお話の中で、マヤ文明は地域の国同士が戦争をすることはあっても、絶滅させたり略奪したりはなかったと言われています。また古代日本でも縄文文化の村と弥生文化の村が同時期に近隣で争うことなく暮らしていたと思われる遺跡がある。という話が出ました。これからの私たちにヒントになる様な気がいたします。

私たちと部分的にでも共感される方がいらっしゃれば、お互いを尊重し、ひとつの考えを押し付け合うことなく良いことを取り入れ高め合いながら、いろんな方々とつながって行けたら幸いです。
青龍サコダ鍼灸治療院 迫田

ホリスティック医学を考える

 今回のブログ立ち上げに際して、やはり「つながり」は大切だなと思いました。

関西支部の20年にわたるスタッフのつながりがホロスの風となり、それがまたブログの開設にもつながったからです。

それからもうひとつ大切なのは「バランス」です。誰か一人だけでやろうとしてもできるものではありませんし、たとえできたとしても独断的なものになってしまい周りの人が力を発揮できなくなってしまいます。

かといって周り声を大切にするあまり、その意見に右往左往していたのではいつまでたっても収拾がつきません。

あくまでも芯を持ちながら、かつ、みんなの声を聴き、その時その時に応じてバランスを取りながらやっていくというのはとても大切なことだと思いました。

そして一人ひとりに「喜び」があること。「つながり」と「バランス」がうまくとれていると、そこには自ずと「喜び」が生まれます。独りだけの喜びはその時はよいかもしれませんがいずれ消えてしまいます。

それはつながりやバランスに欠けるからです。

 ホリスティック医学においても、この「つながり」「バランス」「喜び」が大切ではないかと思いました。

これらがうまく機能したとき、それはどんな方法論やアプローチであろうが、ホリスティック医学を実践できていると思います。

様々な代替療法の優劣やこれがよい、あれがよい、といったこだわりが先行してしまうとバランスが崩れ、つながりが切れ、喜びもなくなってきます。

そうなると、その人がいくらホリスティック医学だといっていても、それはホリスティック医学ではないのではないでしょうか。

今回のブログの立ち上げを通して、これがホリスティック医学の本質なのかもしれないな、と思いました。

黒丸尊治。

2008年11月5日水曜日

ホロスの風 新しい旅立ちを記念して!






ホリスティックな夢を追い求め

ロマンを抱く少年のように

ステキな仲間が集まった関西支部

の新たなる旅立ちを祝おう

風よ吹け 嵐を呼べ 大いなる大海へ いざ行かん





関西支部としてフォーラムやシンポジウムの活動が主でしたが、これからはホリスティックな情報をブログ等で広く発信していくことになりました。これからの時代はますますホリスティックな医療に関心が高まり、多くの人々のニーズが増すことになるでしょう。
関西支部の一員として今後積極的にホリスティックの啓蒙に努めたいと思います。

慈恵クリニック 山田

癒しの空間



今から18年近く前フォーラムに来ていただいた、
トランスパーソナル心理学の黒木先生のレジメに有ったある言葉が好きです。

『セラピーの場(空間)がより治癒的に動くのは、セラピスト自身が癒されているからだ』


この言葉にずいぶん救われた。
観念としてホリスティックを理解しょうとしていた時
この言葉に出会って肩の荷がおりた気がしました。

奇しくも一昨日会議で竹林先生からも同じような
「ホリスティックセルフケア」という言葉が出てきました。

私も先日の概論セミナーのレジメの末尾に
『セラピーの空間を「真の癒しの場」にすることが可能だと思います。
ホリスティックな治療院経営を考えるということは
「セラピスト」と「場」のエネルギーを上げていくことです』
と結んでいます。

経済活動とホリスティック医学の融合
そして、心・体・気・霊性・環境・経済
それらのバランスのマネージメント。

「ホリスティックマネジメント」
もう少し追及していきたいと考えています。

健康塾真愈整体学院 岡田

12月のホリスティックフォーラム

12月のホリスティックフォーラムの詳細アップしましたのでご覧ください。

はじめまして

関西支部で運営委員をさせていただいております。参加させて頂きはや14年目となりました。スタッフの諸先生方に教えて頂いたことがたくさんあり、現在の自分のスキル、人生に大きな影響を与えて頂きました。ほんとに感謝致しております。世の中と共にホリスティックも転換期にあるよう感じます。様々な分野の方々にブログを通してお伝えできればと思うと共に、皆様の声も聞かせて頂き益々のスキル、人生に学びが得られる事を期待いたしております。堅苦しくなりましたが、お気軽にご観覧ください。
青龍サコダ鍼灸治療院 迫田 敬一

2008年11月4日火曜日

ホリスティック医学の新たなる夜明けのために

このブログをきっかけにぜひ、関西支部を、さらにはホリスティック医学協会を発展させていきましょう。これから少しずつ情報発信をしていき、一人でも多くの人が本当の意味でホリスティック医学を理解してもらえることを期待しています。
黒丸尊治。

関西支部のイメージCM





※ブラウザのJavaScriptをONにして、Flash Player9以上をインストールしてください。

Get Adobe Flash Player

日本ホリスティック医学協会 関西支部 by holikyouさん




カンタンCM作成サイト コマーシャライザー




ブログ開設


ホリスティック医学では、目に見えないこころや霊性を含めた”Body-Mind-Spirit”の視点から「環境」まで含めた、全体的な視点で健康を考えることを大切にしています。

「ホロスの風」は日本ホリスティック医学協会 関西支部の公式ブログです。

関西支部運営スタッフが、ホリスティックな視点に基づいたエッセイを綴っていきます。