2011年6月26日日曜日

「ホピの予言」の上映を終えて

日程の決定に手間取ったうえに、
関西支部HP以外の手段での告知が
ほとんどできていなかったにもかかわらず、
当日は約50名の方が参加されました。

そしてこの映画の製作団体のランドアンドライフに対して
寄付いただいた方に差し上げている小冊子
「ホピ物語ー生命の始まりから浄化の日まで」も
38冊お渡しすることが出来ました。

 第1部の映画「ホピの予言」は
ネイティブインディアンのホピ族にまつわるドキュメンタリーで、
1986年に宮田雪(きよし)監督により
製作されたものです。

 この映画はほぼ三つの事柄を含んでおり、
ひとつ目はアメリカ西部のコロラド高原の近くの
フォーコーナーズ(ユタ・アリゾナ・ニューメキシコ・コロラドの
四つの州が直角に交わっている地域)でウランが採掘され、
放射能の害毒を知らされていない鉱山労働者が
その犠牲になっていること。

またウラン残土やウランの製錬後に出る鉱滓(こうし)が
周辺住民に被ばくをまき散らす様子が描かれています。

この鉱滓は原子力開発による人類の最大の被ばく源と言われていて
やるせない気分になります。

 ホピやナバホの人たちがこれらの被害を受け、
生命と部族の存続の危機にさらされているという
当時の現状が取材されています。

 ふたつ目として先祖から語り継がれたホピの予言が審議された結果、
今まさに人類総体の生き方がが問われている時期に、
真の生き方とは何かを伝えるべきとの結論が出て、
選ばれたメッセンジャーの登場となります。

 そしてみっつ目には、
広島、長崎に投下された原爆として、
ホピの聖地から採掘されたウランが使用されたことを知ったホピの人たちは、
それが先祖から言い伝えられてきた
「灰のびっしりつまったヒョウタン」であると解釈し、
そのことを人類へに警告として世界に発信されていったことが語られています。

 全編を通じて、
ホピ族の言う「母なる大地の内臓」から取り出されたウランが
地上のあらゆる命にとって本質的危険性を孕んでいることが
鮮明に一点の曇りもなく描かれていました。

 常にホリスティックな視座から命を見つめることを
念頭に置いている私たちにとって、
地球という自然と人間という自然の関係性が
現代の無知でかつ狡猾な人間の手によって
まさに切断されようとするのを断腸の思いで見るほかありません。

 思えば広島、長崎での原爆に始まり、
アメリカを始めとする「先進国」で長年続いた原水爆の実験、
そしてスリーマイル島、チェルノブイリ、
そして福島での原発事故、
また事故を起こさなくとも常時環境中に放射性物質を
撒き散らしている世界の四百数十基の原発、
これらによって放射能は原子力以前に比べて
確実に増加していることは間違いありません。

 放射能にはこの値以下だと影響が無いという数値
ーいわゆる閾値ーはないと言われています。

今の私たちに課せられるのは、
放射能の影響を少しでも軽減する治療法、
養生法を追求するだけでなく、
放射性物質を放出し現在の私たちばかりか
百万年後の子子孫孫までツケを残す原発を兎にも角にも
「停止」に持ち込むことをも、
ホリスティック医療に係わる者として視野に入れたいものです。

映画の後の話し合いはほんの短時間でありましたが、
節電などのライフスタイルを変えるだけでなく
生き方の根本を見直したいとの発言もありました。

第二部として被災地にボランティアとして入られた
関西支部運営委員の堀部さん、
宮里さんから現地の様子と活動について話していただきました。

被災後日数が経つにつれ、
なくなった若者がいるのに年のいった自分が助かったことに罪悪感を感じるなど、
心のケアが今後益々求められるだろうとのことでした。

じっくりと話し合う時間が取れなかったのが悔やまれます。

(関西支部 野網昭南)

2011年6月20日月曜日

私がホリスティック医学協会に入ったきっかけ



 今から20年以上前の話ですが、開業当時、五感に対してアプローチする事を考えていて「マインドテラピー」と名乗っていた時期がありました。

 私の造語ですが、五感「視覚」「聴覚」「味覚」「嗅覚」「触覚」から身体全体にアプローチするというものでした。

「触覚」に関しては、整体。
「視覚」はマインドアートというものを描いていました。
「聴覚」は優先の中のニューエイジチャンネルでヒーリングの音楽をかけていました。

 それで「味覚」「嗅覚」をどうするかという事で、ワンルームマンションで開業していたので料理を出す事も出来ないので、(料理もできないし・・・)色々考えた末に、ハーブティを出す事にしました。

 色々探し回っているうちに大阪梅田の阪急三番街で名前は忘れましたがハーブティのお店を見つけました。
 
 今でこそアロマやハーブは一般的ですが、当時としては中々珍しかったものです。それで施術後ハーブティを出すという事していました。これを「味覚」「嗅覚」にあてはめました。

 前述の三番街のハーブティのお店のオーナーに、色々教えてもらった結果、「モーリス・メッセゲ」のハーブが一番と聞きました。

 その発売元を教えてもらってコンタクトを取り、問い合わせをし早速仕入れをしてクライアントに施術後に飲んでいただきました。

 開業当時(平成元年)は今ほど忙しくなかったの、終わった後もクライアントとゆっくりしゃべる時間が有りました。

 「ティザーヌ」というブレンドティーがあり、リラックスとか利尿とか色々効能が書かれていましたが、さらにもっと知りたいという、気持ちがわいてきてハーブの勉強を始めました。

 日本園芸協会で「ハーブコーディネーター」という資格を取りましたが、これはハーブ自体の勉強でアロマの勉強では有りません。

 そこで、ティザーヌの仕入れ元に相談すると、末富先生の講習会を紹介していただきました。
毎月一回数時間ずつ2年間およそ100時間トレーニングを受けました。

 末富先生は日本に初めてエステティックという言葉を導入された方という事で、「内面美容」と言う事をしきりに言っておられました。

 アメリカのメーカへの化粧品はファンシーがベースで表皮にアプローチするが、ヨーロッパの化粧品はキュアがベースで、真皮にまで達して効果を発揮する、「フィトテラピー」を中心に講義をされていました。

 講義内容としてはハーブ理論は勿論、精油の事からリレクソロジー、まで幅広く学ばせて頂きました。

 その中の体質類別法「胚葉学」は今でもずっと利用させていただいております。ホリ協で何回か講演させていただいて時も、この「胚葉学」はお話しをさせていただいてますし、整体の授業の時も必ずカリキュラムに入れてあります。

 そして、この末富先生の講座で初めて「ホリスティック医学」という言葉を聞きました。

 その授業を受けている時に、まさに自分がやろうとしていた「マインドテラピー」にぴったりだと身体が震えた事を、昨日のように覚えています。

 当時に受講者はほとんどがエステティックサロンのスタッフの方が多く、サロンのスタッフがニキビでも作っていようものなら、容赦なく叱ってられました。

 その中であと一人治療系の受講者がおられました。鍼灸師の女性の方です。

 そしてその方が何と、当時発足間もないホリスティック医学協会関西支部の、事務局長の森さんだったのです。

 彼女から色々ホリスティック医学協会の事を教えていただき、すぐに入会させて頂きました。
1990の夏です。

 実際フォーラムに参加させていただいたのが、
第4回  91. 1.20  藤岡義孝先生の 「食・自然・調和の医学」でした。

 その時はフォーラムの後、新年会が有りそこに参加した時、今の支部長の黒丸先生に声をかけられたのがホリ協のスタッフをさせていただ様になったきっかけです。

20年も前の話です。


 末富先生の講義でホリスティック医学ともう一つ、印象に残っているのが「心理美容」という言葉です。この言葉「shinri-biyou」から今の、「健康塾SBバランス整体院」という屋号を付けたぐらいです。(何故かローマ字読みだったのですが・・・)

 そのホリ協のスタッフをするきっかけとなった、末富先生が本年4月末にお亡くなりになったという事を、つい先ほど知りました。

ご冥福をお祈りいたします。

O脚矯正と小顔整体の健康塾 岡田

2011年6月8日水曜日

「ホピの予言」上映会、開催しました!

先日のホリスティック医学協会関西支部主催の
ホリスティックフォーラムでは
アメリカネイティブアメリカンのホピ族に伝わる
予言を描いたドキュメンタリー映画の上映を行いました。
本当にたくさんの方にお越しいただきました。
みなさま、ありがとうございました(*^_^*)

わたしは今回この映画を見るのは3回目でした。

最初にみたのは1992年。
自然農法や反原発運動をしている友人から
すごいよ、とコピーをもらったのが
映画でも紹介されていた
「ホピの長老の言葉」と「予言」でした。

ホピとは、ホピ族の言葉で「平和の人」。
ウランが眠る母なる大地を古より守り続けてきました。

コピーに記された「予言」と
「長老の言葉」の内容はとても衝撃的でした。
2012年に人類が滅亡する!などとうたわれるようになった
そもそものきっかけは、実はこの予言だったのです。

なんとかしてホピの方にお会いしてお話を伺いたい!
と願った途端、
アメリカ、ニカラグア、ジャマイカでの
代替療法のワークショップのアシスタントとして
旅に同行しないか、
というお誘いをいただきました。

当時、もんぺをはいて、田畑で土にまみれていた私に
1ヶ月を超える世界旅行に行くだけの資金はありません。
たくさんの方に、
旅の費用のほとんどをカンパしていただき
無事参加することができました。

わたしが旅にでかけた頃のアメリカは
おりしも、クリストファー・コロンブスが
ホピ族など先住民族が守ってきたアメリカ大陸を
「発見」してからちょうど500年ということで
「コロンブス500年祭」が行われていました。
同時に、この年は、先住民族が土地を奪われ、
生きる権利も、人間としての尊厳も奪われたことに対し、
「国連が世界先住民族年と宣言せよ」と要求する運動も
盛り上がりを見せていました。
「ホピの予言」はこのような時代の背景の中、
大きな脚光を浴びはじめたのです。

さらに、クリントンの大統領選の祝賀ム-ドに
ニューヨークの町が包まれているときに、
ハーレムのマルコムXの友人だったOさんのお宅を
訪問したり、
ネイティブアメリカンのメディスンマンと知り合い、
ニューヨークのど真ん中で、
ドラムセッションをしたり、
ジャマイカではレゲエの神様ボブ・マーリーの奥様と
仲良くなったり、
前年の暮れには、ソビエト連邦の崩壊もあり、
なんともエキサイティングで、
時代の変化のうねりの真っ只中にいるような
不思議な高揚感を覚える旅でした。

アメリカを旅している間は
ホピの方にお会いすることはできず、
中米や南米を回り、
1ヵ月後に無事日本に帰国した次の日、
神戸で開催された「ホピの予言」上映会で
ホピの長老の方とお会いすることができたのです♪

そのときの上映会には
映画の監督の友人であった、
漫画家の水木しげるさんも参加されていました。
上映会終了後、どういう話しの流れだったのか
今では覚えていないのですが、
ホピのメッセンジャーであり
この映画にも登場するマーティンさんらに同行して神戸のお寺を訪ね、
そのあと一緒にお茶を飲み、お話を伺うという
貴重な体験をさせていただきました。


今回のホリ協のフォーラムでの上映会でも
「ではわたしたちはどうすればいいのですか?」と
若い参加者の方から質問がありましたが
わたしも当時は、20代の頭でっかち人間。
同じように、
「世界が破滅に向うかもしれない今、
わたしたちは何をすればいいのですか!!」
とマーティンさんに必死に
質問したことを覚えています。
マーティンさんは穏やかに、静かに、
「この予言をみなに伝え、
誤った道にすすまないように
あなた自身が平和であるように」
と話してくださいました。

平和であること。
調和そのものであること。

以来、心にこの言葉を響かせながら
どのように世界と関わり、行動にうつすか、
と模索してきた20年でもありましたが、
今回の大震災や福島原発の状況を見て
もっと、何か、できたのではないかという
悲しみに似たような思いがあります。

もっと伝えられたのに・・。
わたしは知っていたのに・・・。

私が今、アロマセラピーという仕事をしているのは
ホピの方からいただいた「平和」の教えと
大きく関わっています。
平和運動をすることではなく、
アロマセラピーを通して、
ひとりひとりの心とからだを耕し
リラックスして穏やかに微笑むことこそが
平和の道に通じると信じ、
選んだ道を歩んできたのですが、
「ホピの予言」そのものを伝える努力は
あまりしてこなかったことに
いまさらながらに気が付きました。

2012年はいろんな意味で
人類という種にとっての、
ターニングポイントになるといわれています。

今からでも遅くない。
私たち自身が、光となって
この世界を明るく照らせるように、
大きく呼吸をして浄化と喜びの道を歩くと決意し
行動することが今、求められているのです。

フォーラムでの映画上映会のあと、
被災地で医療ボランティアとして現地に入り、
ネットワークを作り、
空白期間が生じないように医師や看護師のシフトを組んで
避難所での支援活動を行うホリ協スタッフや
アロマセラピストとして被災地でボランティア活動を
行うスタッフの報告がありました。

感情を吐露することなく、
事実を伝えることに懸命な彼女たちの
表情や言葉から、
言語を絶するだろう被災地の様子が伝わってきました。

わたしたちに、何ができるのでしょうか。

今朝見た朝のワイドショーで、
原発の避難地域の住民の
一時帰宅の様子を写していました。

おそらくたった数時間しかない一時帰宅の時間。
82歳の女性が、
亡くなったご主人が好きだったというひまわりの種を、
放射能に汚染された庭にひとりで撒き続けていました。
静かな淡々としたその姿に打たれました。

「明日、世界が滅びるとしても
今日、あなたは林檎の樹を植える」
マルティン・ルター


わたしも、そしてあなたもきっと、
あきらめることなく、
林檎の樹を植え続けるでしょう。
ホピの予言に対する答えのひとつとして・・。

2011年6月1日水曜日

6月5日のフォーラムは「ホピの予言」上映会&震災地で考えたこと

第105回ホリスティックフォーラムは

大地といのち

をテーマに
アメリカのネイティブアメリカンのホピ族の予言を描いた
ドキュメンタリー映画「ホピの予言」を上映いたします!

今回のフォーラムは被災地支援のチャリティです。
参加費1000円は、
すべて被災地への義援金として寄付を行います。

またホリスティック医学協会関西支部のスタッフが、
震災直後から被災地で医療支援活動や
アロマセラピーボランティアを行っています。

今回のフォーラムでは、映画「ホピの予言」上映の後に、

「震災現地へ行ったスタッフを中心に、
今できる事を考える。」

時間を設け、被災地の報告と
ディスカッションを予定しています。

今わたしたちにできることを
できるひとが
できるときに。

何ができるのか、
実際の被災地の様子は、
どんな支援が求められているのか、
一緒に考える時間にしたいと思います。

どなたでもご参加いただけます。
ご予約も必要ありません。
貴重な上映会となりますので、
ぜひお越しください。

◆日時: 平成23 年6 月5 日( 日) 
1:30 ~ 2:45( 上映) 3:00 ~ 4:00( 報告討論会)
◆場所: 関西医科大学( 京阪電車「滝井駅」徒歩2 分) 
    関西医科大学第一講堂2階
◆参加費:1,000 円( 一般・会員とも。
 全額義援金として寄付させていただきます。)
■当日は会場にチャリティー箱を設置いたしますので、
ご協力をお願いいたします。
詳細は日本ホリスティック医学協会関西支部まで



映画「ホピの予言」について
(ホリスティック医学協会関西支部HPより引用)

監督 宮田 雪(注1)


アメリカ南西部、ユタ、アリゾナ、ニューメキシコ、
コロラドの四つの州がひとつに交差しているフォー・コーナーズ。
コロラド高原といわれる荒涼たる砂漠と、
グランド・キャニオンなどの巨大な渓谷に囲まれたここは、
長い間、いわゆる西洋近代から隔絶した空間であり、
そこに住むホピやナバホ・インディアンたちによって、
聖地として守られてきた土地であった。

グランドキャニオン
ここはアメリカ大陸の背骨であり、心臓部ともいわれ、
またヒマラヤなどと同様に地球の自然エネルギーの震源地であり、
もしここが破壊されたら、それはナバホやホピのみならず、
全地球的な規模の自然の変動が起きてしまうと、
彼らによって信じられてきた。
だからこそ、とりわけホピは、
ここを彼らの言葉でマーサウという偉大なる精霊
(グレートスピリッツ)から与えられた土地であり、
また地球上のすべての生命のための聖地であるとして、
遙かなる歴史の曙から、
この大地の番人としてここを管理してきたのだ。
これまで、アメリカ・インディアンと呼ばれるほとんどの部族が、
いずれも祖先伝来の土地を追われることを余儀なくされてきたなかで、
ホピだけは、少なくとも二000年以上の長きに渡って、
この聖地に住み続け、あらゆる差別と迫害に耐えて、
その伝統的な生きかたと、
偉大なる精霊から与えられたという予言の
石板を守りつづけてきたのである。

石板は、宇宙の計画(ユニバーサル・プラン)として
ホピに与えられたものであり、
彼らの言葉で第三の世界と呼ばれるこの世界の始まりから、
浄化の日を経て、第四の世界と呼ばれる新しい世界が
始まっていくまでのことが、印されたものであるという。
そして、彼らは、常にホピ一族自身に起こる変化と、
この地球の上に起こる出来事の変化を、
その石板と照らし合わせながら見つめつづけてきたのだ。

グランドキャニオン
では、なぜ、この予言が、ホピの伝統社会から
外の世界に伝えられることになったのだろうか?
ホピの八つの村には、キクモングイと呼ばれる
独特の精神的指導者がいる。
一九四八年に、ションゴパビ村の太古から伝わる儀式を行う、
「キバ」という地中の集会所に、
そのキクモングイたちが集まり、
緊急の会議が開かれた。
なぜならば、予言のなかに、
第一次と第二次のふたつの世界大戦と、
ヒロシマ、ナガサキへの原爆の投下が、
シンボルとして刻まれていたことが分かったからだ。
原爆は、ホピの言葉で「灰のびっしりつまったクッション」
と表現されていた。

世界がこのまま進めば、地球を破壊しかねない
危険な時代に入ってしまうことを、
警告として一刻も早く世界に伝えるため、
その予言を世界に公開するべきかどうかを討議するために、
その会議は開かれたのだ。
そして、さらに四日間の会議で予言が検討されたのち、
キクモングイたちは、その解読された重大いな教えと予言を
外の世界に伝えるために、特に三人のメッセンジャーを選んだ。
だが現在、二人のメッセンジャーはすでに他界し、
ただ一人、トーマス・バンヤッケが残された
(1999年2月没 90歳)。

そして、それ以後、彼はキクモングイたちの目となり、
口となり耳となって、ホピの予言を世界に伝えることを
自らの仕事としてきた。
この映画は、そのトーマス・バンヤッケ自身によって語られる
ホピの予言を通して、全ての生命の聖地である
フォー・コーナーズ地域が現在、
どのような危機に直面しているのかを、
地球のすべての人々に伝えるために作られた
スピリチュアルなドキュメントである。
また、フォー・コーナーズ地域は現在、
膨大な量の石炭、石油、
そして地球最大のウラニウムのベルト地帯といわれ、
とくにアメリカのウラン資源のほとんどがその大地の下にあり、
世界のウラニウム・キャピタル、グランツやアメリカの
原子力司令部ともいわれるロスアラモスを配した、
いわばアメリカ合衆国の核開発の
心臓部に変貌してしまっているのである。
核兵器であれ、原子力発電であれ、核開発の原点は、
ウラン鉱石の採掘から始まり、
その原点の採掘からすでに被爆者が生み出されている。
そして聖地はそのための巨大な
核廃棄物の処理場に変わり果ててしまい、
国家的犠牲地区という名称で、
ホピやナバホを被爆させながら、
多国籍企業によって開発が押し進められてきた。
日本の原子力発電の燃料のウランの何パーセントかも、
この聖地から採られたものが使われている。
つまり私たちは、全ての生命の根源とされる
ホピの聖地を破壊し、
平和利用という名でそれらを消費しているのだ。
古代からの予言を保ち続けてきた伝統派のホピの人々は、
このような文明が、母なる地球を被爆させ、
その呼吸を困難に追い込んでいるのだ、
という認識にいま立っている。
そしてウランの採掘から核兵器、
原発のすべてに象徴されるテクノロジーを否定し、
ホピの生きかたこそがこの地球の病いを癒す唯一の道だと、
荒涼たる砂漠のなかで、世界の全ての大地と
生命あるものの平和と浄化のための祈りを続けている。
ホピ―――、それは「平和で満ち足りた人々」という意味であり、
グレート・スピリットの教えに従って
その道を行く人々という意味でもある。

映画「ホピの予言」
一九八六年作品/16ミリ/カラー/75分

監督=宮田 雪
製作=鈴木雅子、宮田 雪、飯岡順一
プロデューサー=田畑祐已
音楽=伊藤 詳
ナレーター=佐藤 慶