2009年2月13日金曜日

人に物を伝えるには



整体の勉強はもともと武道をしていく上で
「筋肉やツボを覚えたほうがいいかな」ってのが始まりでした。

それが今の仕事になっています。
人間の人生ってわかりませんね。
だから面白んですね。

身体のことは勉強すればするほどまたこれが奥深く
益々興味が湧いて来ます。

そして解ったことが増えてくると
技術ではないんですが
調整の効果が上がってくる。

いろいろなことが頭の中で繋がってくるんですね。
不思議なものですね。

やっぱり知識は大事ですね。
そして知識から智恵へ変化して初めて知識が生きてきます。

初心者の方に
「授業ではどんどん質問してくださいね」って言います。
をすると、「何が解らないか解らない。」
という事をよく聞きます。

質問をするって言うことは難しいことですね。

健康の指導を目指す方にいつも言っているのは、

「指導とは、
難しいことを相手にわかる言葉に噛み砕いて伝えて、
相手がそれを理解して、
そして実行して効果が出て初めて指導というのですよ」

ということです。

この事は今も心して
私自身が気を付ていることです。


健康塾真愈整体学院 岡田