2008年12月29日月曜日

4日遅れのサンタクロース


ノーラッド・トラックス・サンタってご存知ですか?

ノーラッドはノーラッド・トラックス・サンタ(NORAD Tracks Santa)として、
毎年サンタクロースを追跡しています。

冷戦の真っ只中の1955年からコーナッド
(CONAD、中央防衛航空軍基地)が開始したものを受け継ぎ、
2004年で50周年を迎えているそうです。


コロラドにある大手スーパーのシアーズ (Sears) が
子供向けにサンタクロース・ホットラインを開設したときの広告に、
間違えた電話番号を載せてしまったのが始まりだそうです。


その番号は当時のCONADの司令長官へのホットラインだったということです。
子供からの電話に司令官ハリー・シャウプ大佐が
「レーダーで調べた結果、サンタが北極から南に向かった形跡がある」
と回答して以来の恒例行事になったと言われています。


1998年より、毎年クリスマス時期に、
サンタクロースの出発を「偵察衛星で確認」、
その飛行を「レーダーで追跡」し、
戦闘機をカナダのユーコンから
メキシコのメキシコ・シティーまで飛ばして「サンタを追跡」ことをしているそうです。

公式サイトでは、クリスマスイブの夜中から追跡の模様を中継しています。
また、2006年の日本地域の中継により、
新幹線や富士山と比較し速度検証した結果、
サンタクロースの速度は新幹線の100倍と言及しています。


現在は、グーグルアース上で現在位置追跡をストリーミング表示も行っている。
シーズン以外は休暇中のサンタの画像が出ていそうです。


12月29日現在またサンタさんの映像が見ることができます。
ちょっと、のぞいて見ませんか。

不況と言うネガティブにフォーカスせずに、
今年の最後は心休まる映像を見てください。


追伸:サンタさんがいるかどうかは
あなたの判断におまかせいたします。


それでは良いお年を。


健康塾 岡田俊一